なんとか子宮筋腫によるリュープリン注射をうちました。

私の子宮の中には、拡散性子宮筋腫があります。
おっきいので5センチ、3センチ、1センチが多彩見つかりました。
夫人科の係医とこれからの治療法をするか打ち合せました。
嫁入りはしてますが、年が高齢なので赤ん坊はあきらめています。と伝えたポイント
執刀を勧められました。全摘出か、子宮筋腫だけを省くことももらえるけど、恐怖と再発の恐れがあるといいました。
赤ん坊は望まないから、全摘出にしたいだ。でも、依然として、全摘出にふみきれません。とつたえたポイント、
リュープリン注射をすることにしました。リュープリン注射をうつと強制的に閉経行う。閉経といっても注射をうつ半年の中だ。
閉経すると子宮筋腫はしぼむといわれているので、半年の間で子宮筋腫が小さくなると伝えられました。
反発としては、閉経になるので、更年期障害になるといわれました。
ジリジリや減算などの精神的な鬱とか、のぼせや顔つきなど火照って大量の汗がでたり、不眠になるそうです。
それでも我々はリュープリン注射をうつことに決めました。
その日のうちにリュープリン注射をうちました。
反発の更年期は今でてません。後5回無事にすませて、子宮筋腫が小さくなるみたい祈っています。ミュゼ 金額