オホーツク海気団や低気圧などについて勉強

気団などについて勉強しました。オホーツク海気団の発源地は、オホーツク海と千島沖です。日本付近に出現する時期は、梅雨期と秋です。対応する高気圧は、オホーツク海高気圧です。小笠原気団の発源地は、北太平洋中緯度です。日本付近に出現する時期は、主に夏です。対応する高気圧は北太平洋高気圧です。温帯低気圧は、低気圧の中心の東側に温暖前線、西側に寒冷前線をともなって、日本付近では偏西風によって西から東へ進むものが多いです。温暖前線では、温暖な空気が寒冷な空気を押しのける形で寒気の斜面を吹き上り、比較的広い気流の上昇域が形づくられ、乱層雲が発達します。温暖前線の前面は、幅約300km程度にわたる広い雨域となります。寒冷前線では、寒冷な空気が温暖な空気を押しのける形で下にもぐり込み、その先端部の狭い地域に気流の上昇域が形づくられ、積雲・積乱雲が発達します。このようなことを学びましたが、知らないことも知れて良かったです。脱毛ラボ スピードコース