男子校や女子高よりも共学のほうがいいのです

ほんとに古くさい話ですが、子どもの内に、森田健作ちゃんの「自分はダディです」の再TV、いかほど見たかしれません。ルパン三世の中もだ。何度も繰り返し見たプランは多かったですよね。自分はダディですを見て、高校になったら、こんな風になるのかとぼんやり考えていましたが、実際のハイスクールは、女子高に赴き、大負けいくさでした。女子高は判別でしたから。自分には、自分はダディですはなかったのです。子どもには、絶対に共学を進めているところです。おもしろいのは、取り敢えず、高校までですから、そういう、やるせない旬に、女子高や男子校はつまならすぎます。それでも、男子校や女子高を選ぶ人類もいらっしゃる。中学校受験ということです。
女子高に入った状態、びっちりダイアナ妃の婚礼があり、体育祭で、たくさんのプランの人類が、世紀の婚礼の変装をしました。竹の子族も多かったですね。その程度だ。どっかのテレビジョンで、翌年から、男子校が共学になるといって、すでに入ってしまった男児が悔しがっていました。入ってから極めることなのです。