マイナスの消費任務と融資の消費任務について

損失などについて訓練しました。損失を返済する案件、自宅貸し付けのように元手の支払食い分にその期の利息を加えて、毎期おんなじ価格を支払って出向く元利均等支払スキームと、元手は均等に支払し、その期の利息を加えて払う元手均等支払スキームがあります。元利均等支払方式の毎期受け取れる価格を賦金と効く、平年払う賦金を年賦コストといいます。賦金は、元手の返済額とその期の利息の値段だ。借り入れを指定された期間内に返済するために、各回払う賦金を関数で貪るにはPMT関数を使います。貸し付け支払を完了するまでの費消ターム(返済数)は、NPER関数を使って勧めます。貸し付けを返済するのに必要な利回りは、RATE関数を使って勧めます。貸し付け支払の各回の返済費用の建物利息食い分を待ち焦がれるには、IPMT関数を使って勧めます。損失や貸し付け支払などについて勉強してきましたが、今まで勉強したときの乏しいことがほとんどだったので、再び復習しよなと思いました。ミュゼ vio