しょうもない想い出。マイカーが動かなくなってパニックになりました。

最近の身、か弱いほど何かとやらかします。
近頃、自動車から降りようとしたときのことです。
カギを回す感じが何故かいつもと違うようなんんです。
何がって批判はできないけど、いつもと漠然と感じが違うんです。
気のせいかなと思いつつ入口を開けると、ピピピッと何かを伝える時計がなりました。
何だか何かが胡散臭いんです。
もっとエンジンをかけ直そうとすると今度はエンジンがかりません。
何がどうなっているのか。ありのままもっとここから動けれないんじゃないだろうか。
その頃にはとっくにパニックになっていました。
外へ出て、誰かのお手伝いを求めようか。最後に再度、一から考え直してみました。
そして模索の数分後に、なんとか元凶が判明しました。
ギアがモータープールに入っていなかったんです。はぁぁーはたしてしょうもない。
いつもの慣れた行いに、この日は単に仲間違う行いをしたんです。
ちょこっと暑かったから窓を開けていたため、駐車と同時に窓を閉める入替えを押した。ただそれだけだったんです。
それがこんなことになろうとは。
必ず情ない。。