少額の決済には電子マネー、多額の決済にはクレジットカード

最近メディアでよく取り上げられるキャッシュレス化。その手段として、少額の決済には電子マネー、多額の決済にはクレジットカードがよく使われる傾向にある、と複数の人が指摘しているのを大変興味深く思いました。
実際に私も、5,000円以下の決済には主に電子マネーを使い、クレジットカードは1,000円以上の決済に使います。高価な買い物をするならともかく、少額の決済の場合は後からカードの利用代金として支払うよりも、その場で利用金額が電子マネーから引かれる方が、早く決着がついて安心できるからです。
例外は、大手スーパーのセールとネットショッピングです。スーパーの自社カードで決済しないとセール割引が適用されない場合は、1,000円以下であってもクレジットカードを使います。またネットショッピングでは、代金を振り込むなど支払の手間を省くために、少額でもクレジットカードで決済します。
ところで近年普及しつつある、スマホでQRコードを読み取って決済する方法ですが、私は一度もしたことがありません。使ってみると便利なのかもしれませんが、情報がダダ洩れになってしまいそうな気がして、スマホによる決済にどうしても抵抗があるのです。情報漏洩のリスクを指摘する向きも少なからずあります。こうした不安を軽減できる方法があれば、たぶん私もスマホで決済することになると思いますが…。ラボ 効果